アナライザー24


スポンサードリンク

suica・suicaポイントクラブをお得に活用

suica・suicaポイントクラブをお得に活用

suicaのお得な利用方法を解説

suicaはご存知の方も沢山いらっしゃり、利用されている方も多いと思います。

ここでは、suicaの基本的な機能から、お得なsuicaポイントのため方まで、解説していきます。

 


スポンサードリンク



 

suicaについて

 

suica(スイカ)はJR東日本の交通系ICカードです。 鉄道やバスの運賃の支払いは勿論、お買い物までも利用できてポイントまでためられる、とても便利でお得な電子マネーです。

Suicaの利用範囲は、関東はもちろん北海道から九州まで利用可能です。

※ただし、Suicaは利用可能エリア内完結での利用となっていますので、各エリア間をまたがって利用することはできません。異なるエリアをまたがっての利用の場合は、あらかじめきっぷを買う必要があります。

Suica使用のメリットは、電車に乗るときに、券売機の前に並んで切符を購入する必要がありません。

Suicaをパスケースなどにに入れたまま、読み取り部にタッチするだけで自動的に精算され、改札機を簡単に通過できますし、もちろん改札を出るときも一緒です。。

Suicaカード購入方法

「Suicaカード」の購入方法は、Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の駅構内に設置された販売専用機や、みどりの窓口で購入できます。

また、Suicaが破損した場合も再発行が可能です。

購入したらカードに金額をチャージすることになりますがチャージ方法は、多機能券売機、乗り越し精算機などが設置されていますが、そこにsuicaマークがついていればチャージが出来ます。

上限は2万円までで1000円単位でチャージすることが出来ます。

さらには、コンビニでもチャージが可能です。

利用可能なコンビニは「NEWDAYS」や「ファミリーマート」、「ミニストップ」などなどです。

 

 


スポンサードリンク



 

suica ポイント クラブ

 

Suicaポイントとは

Suicaをsuica ポイント クラブに登録するだけでたまるようになるポイントです。

普段使うSuicaを、Suicaポイントクラブに登録するだけでポイントカードとしても利用できるんです。

 

 

Suicaポイントのためかた

駅中では、キオスクやNEWDAYSをはじめ、自動販売機のacureなどでお買い物をすれば、ポイントがたまり、街ナカではコンビニのスリーエフ、大手スーパーのイトーヨーカドー、書店の紀伊國屋など沢山の加盟店があります。

例えば、駅の飲料自販機などちょっとした購入からためられるので、とっってもお得です!

駅の飲料自販機などでも、Suicaで購入すればポイントがたまります。

Suicaポイント還元率は、100円につき1ポイント付与の1.0%と200円につき1ポイント付与の0.5%の2種類あります。

店舗により還元率が違ってますので、Suicaポイント加盟店で確認してみてください。

 

suica 利用履歴確認

Suicaエリア内の「自動券売機」「多機能券売機」で、利用したSuica履歴(ご利用明細)の確認と印字、入金(チャージ)残額の確認ができます。

Suicaエリア内の「自動券売機」「多機能券売機」で、入金(チャージ)残額が確認できます。

また、改札機をご利用の場合には、ディスプレイに入金(チャージ)残額が表示されます。

 


スポンサードリンク



 

Suicaポイントアプリ

 

Suicaポイントアプリの特長

・最新のおトクなキャンペーン情報やアプリ限定のクーポンをお届けします。おトクな情報を見逃しません。

・駅に近づいた際に、周辺のお店におトクな情報があれば、プッシュ通知されます。

・ポイント残高やポイント履歴も素早くチェックできます。

・たまったSuicaポイントはアプリでラクラクチャージ申請できます。

毎日遊べる!ゲームで楽しもう

・1日1回、ミニゲームで遊べます。

・Suicaポイントがたまるお店でお買い物をして獲得したポイント数に応じて「コイン」をゲット。

・「コイン」がたまると、Suicaのペンギンオリジナル壁紙をプレゼント。

・オリジナル壁紙は全28種類!コンプリートを目指そう!

 

モバイルSuica

 

Suicaがスマートフォンのアプリとして登場したのが、「モバイルSuica」

モバイルSuicaの特徴は、改札でのタッチ&ゴーだけで電車に乗れる、駅ナカ、街ナカ、ネット買い物も簡単に素早くできること。
またチャージも切符売り場に行かなくても簡単にチャージすることが可能で、定期券、Suicaグリーン券、新幹線もモバイルSuica一つでOKです。

スポンサードリンク