アナライザー24


スポンサードリンク

伊勢 神宮 アクセス・参拝時間などの情報

伊勢神宮 へのアクセス・参拝時間について

伊勢神宮の豆知識

 

伊勢神宮について

 

伊勢神宮は、三重県伊勢市にある神社の名称です。

伊勢神宮は国内にある神社の頂点にある宮です。

宮というのは神のために造られた家です。皇族に「秋篠宮」や「三笠宮」という名前がありますが、これについても同等の意味です。

正式名称は「神宮(じんぐう)」、伊勢にあるから「伊勢の神宮」と呼ばれることが伊勢神宮の名前の由来です。

また、他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあります。

伊勢の地元では親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称されます。

伊勢神宮は国の安定、豊作祈願、生活の目標、神道文化の継承など、その役割は計り知れません。

伊勢神宮は125社の総称で、内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)に分かれています。

外宮は五穀の神である豊受神、内宮には太陽の神であり国の最高神である天照大神が祀られています。

他にも沢山の神を祀るために建てられたのが伊勢神宮です。

ご神体は三種の神器である八咫鏡。古事記では天照大神が孫の瓊瓊杵命に「この鏡を私だと思って崇め祀りなさい」と謂ったことから鏡がご神体となっています。

20年に一度、本殿を立て替える遷宮をします。

出雲大社は60年に一度なのでかなり早いペースです。

遷宮をする度に天皇皇后両陛下が参拝を行なうのですが、このとき代替品ではありますが伊勢神宮には三種の神器が全て揃います。(その他に三種の神器が揃うのは京都御所で行なわれる天皇即位の時だけ)建築技術の技術伝承と、神々に若くいてもらうためという意味があります。

伊勢神宮本殿は「唯一神明造」という伊勢神宮だけの特別な建築様式を使っています。

どうしてここだけかと言えば、他の神社では畏れ多くて使えないのです。

全国にある「神宮」はすべてこの伊勢神宮の別宮とされ、「神明」とつくあるいはそれを名乗る神社は伊勢神宮の天照大神を祀る神社です。

 


スポンサードリンク



 

伊勢神宮参拝時間

 

伊勢神宮 内宮・外宮それぞれの参拝時間

1月~4月/5:00~18:00
5月~8月/5:00~19:00
9月/5:00~18:00
10月~12月/5:00~17:00

外宮と内宮の参拝時間は基本的に同じで、外宮のお参りは左側通行が基本となっています。

季節によって参拝時間が変わる場合がありますので最新情報は神宮公式HPで確認してください。また、12月31日~1月5日までは終日参拝可能となっています。

神宮公式HP URL  http://www.isejingu.or.jp/

 


スポンサードリンク



 

伊勢神宮の参拝順序

 

伊勢神宮の参拝順序は、来より外宮→内宮と参拝順路が決められています。

外宮、内宮それぞれの神域内での詳細参拝順路は以下になります。

外宮:御正宮→多賀宮→土宮→風宮→(下御井神社→度会国御神社→大津神社)
内宮:瀧祭神→御正宮→荒祭神→風日祈宮→(子安神社→大山祗神社)

()内は御自身に必要があればお参り下さい。
*瀧祭神は所管社となりますが、別名「お取次ぎさん」とも呼ばれ五十鈴川の神で、我々が天照大御神様(御正宮)に会う前に取次ぎをされる神様(秘書役)であり、同時に心身共に禊を行ったに等しいとされています。

参道には御酒殿、御稲御倉、由貴御倉、四至神とあります。こちらは賽銭箱こそありませんが所管社としてお祀りしている神様です。別宮に向かう道すがら、その際にお参り下さい。

神宮参拝所要時間目安

当社も、伊勢神宮内宮・外宮には何度か参拝に訪れていますので、あくまでも私的な見地からの所要時間を申し上げますと、、

内宮だと
参拝に60分+駐車場まで往復30分+おはらい町とおかげ横丁の滞在時間。
外宮だと
参拝に40分+せんぐう館20分+駐車場往復10分 ぐらいだと思います。

あくまでも、私的な見地からの所要時間ですので、ご参考までにお読みください。

 


スポンサードリンク



 

伊勢神宮アクセス方法

伊勢神宮所在地

内宮(皇大神宮):三重県伊勢市宇治館町1
外宮(豊受大神宮):三重県伊勢市豊川町279

交通

内宮まで

鉄道

最寄駅:近鉄鳥羽線 五十鈴川駅
徒歩:約30分
バス:約10分 – 宇治山田駅・伊勢市駅・外宮からの路線

近鉄山田線・鳥羽線 宇治山田駅
バス:約15分

JR東海参宮線・近鉄山田線 伊勢市駅
バス:約15分(路面電車型バス「神都バス」も運行され)

自家用車

伊勢自動車道 伊勢西ICから、三重県道32号伊勢磯部線(御木本道路)を南へ2分、のち「浦田」交差点から伊勢街道を南へ2分
駐車場:宇治橋周辺の参拝者用駐車場を利用

混雑時には自家用車は浦田町交差点から内宮方面へ進入禁止の規制が行われるため、宇治浦田町の伊勢市営駐車場や、近隣の三重県営総合競技場(五十鈴公園)に併設されている駐車場などを利用(有料)

初詣の期間には大晦日深夜より正月三が日を含む数日間は、三重県営サンアリーナ駐車場とバス専用レーンを利用したパークアンドライドが行われている(2003年初詣期間以降)。またゴールデンウイーク期間中も同様にパークアンドライドが実施されています。

外宮まで

鉄道

最寄駅:JR東海参宮線・近鉄山田線 伊勢市駅 (徒歩約5分)

バス

三重交通「外宮前」バス停下車 (下車後徒歩すぐ)
三重交通「伊勢市駅前」バス停下車 (下車後徒歩5分)

自家用車
伊勢自動車道 伊勢西ICから、三重県道32号伊勢磯部線(御木本道路)を北へ約5分
駐車場:北御門前に434台収容の無料駐車場あり[31]。内宮同様正月の混雑時にはパークアンドライドがおこなわれています。

補足事項

外宮から内宮へは、徒歩で約50分(バス運行あり)

大鳥居より内には犬連れで入れない。内宮の参拝時には、大鳥居の横に位置する警備室の裏にある中型犬の犬舎で、参拝の間犬を預かってもらえます。

小型犬の場合はバスケットやケージを持参すれば、その中に入れて預かってくれます。

 


スポンサードリンク