アナライザー24


スポンサードリンク

退職届の書き方や封筒について

退職届の書き方

 

会社を退職する場合の退職手続き関しましては、一般的に法律上、口頭で退職の意思を表示し、会社側に了承された時点で成立します。

ですので、退職届は任意に差し出す書類に過ぎず、退職届を差し出すことが必須ではありません。

しかしながら、退職届の提出が常識となっているのは、会社を辞めることに関して「伝えた」「伝えてない」などのトラブルを避けるため。

退職届として書類に残すことにより、自身と会社側のいざこざを防止する観点からも、たとえ会社側から退職届の提出を求められなかった場合でも、提出しておいた方が安心です。

会社を辞める機会はそれほど多くはありませんが、何かしらの理由により会社を辞めることとなってしまった場合には、退職届の提出は避けて通れません。

退職届などは、あまりなじみのない書類で、どの様な内容を書けばいいのか?

手書きで書くのか、パソコンで作成するのか?書き方は横書きがいいのか、縦書きなのか、と迷ってしまうことは多いはずですが、ポイントさえつかめばカンタンに作成が可能です。

 


スポンサードリンク



 

退職届で必要なポイントは、退職をする意の文章と日付、相手(会社名・社長名)の名前や自分の名前などです。

基本的にこれが掲げられていれば退職届として成就します。

さらに退職届を書こうとした場合に、色々と気にかかることが出てくると感じます。

たとえば、退職届は手書きで記入した方が賢明か、パソコンで作成しても良いものなのか?。と迷われる方もいらっしゃると思いますが、退職届を書く時には特別に決まりがあるというわけではないのですが、便箋にペンでの手書きが一般的ですね。

またペンの種類なども気になると思いますが、インクは黒の万年筆かボールペンで書くのが一般的で、摩擦で消えるタイプのペンや鉛筆などは使用しない方が無難です。

これは冒頭でもお伝えしたように、退職届として書類に残すことにより、自身と会社側のいざこざを防止する観点からも、万年筆かボールペンでの記入が良いでしょう。

さらに、 退職届の書き方として、もう一つ気になるのが横書きがよいのか、縦書きがよいのかです。

インターネットや本などで書き方を調べてみると、横書きの場合と縦書きの場合と2パターン紹介されていることが多いと思いますが、 実際にはどちらでも問題ありません。

しかしながら一般的に縦書きで書くことが現実的に多いです。

以下に退職届の書き方のサンプルを掲載します。

参考にして見て下さい。


 


スポンサードリンク



 

退職届封筒の種類

退職が決まった場合に提出する書類の退職届。

はたして退職届って、どんな封筒に入れればいいの?と疑問に思いますよね。初めての提出だとなおさらです。

そこで、退職届を入れる封筒は、どんな色でどのようなサイズが適切なのかまとめて見ます。

 

退職届の封筒の種類

まず 退職届を入れる封筒の色・種類は、白の無地が望ましいです。

封筒の大きさは、退職届の書式に合わせるのが一般的で、用紙サイズは A4かB5が一般的です。

特に封筒の色は、退職の意思を示した退職届と言う重要な書類ですので、茶封筒の様な物ではなく、白の封筒をきちんと用意します。

また、封筒の表面には7桁の郵便番号を記載されていないものが望ましいでしょう。

 

退職届の封筒に記載する事項

退職届を入れる封筒の表面・中央に「退職届」と縦に記入します。そして裏面左下に所属部署・自身の名前をそれぞれ黒のボールペンや万年筆などで記載します。

 

退職届を封筒に入れるときの折り方。

退職届を封筒に入れるときの折り方とは、準備した封筒が退職届を折り曲げて入れなければならない寸法だった場合、一般的に退職届を閲覧する方が、封筒から取り出し開いた際に、すぐに読める折り方と入れ方にすることがポイントです。

封筒に入れる時なら、封筒から取り出してから退職届の書き始めが見えるような入れ方を行なうと良いでしょう。

ほとんどの場合は「巻き三つ折り」という紙を3重に丸めて折り目を付ける方法が望ましいとされています。退職届の内側の端と外側の端を合わせたら、その部分を軽く折って目印を付けます。目印が付いたらそれに合わせてきれいに折りましょう。以上が、退職届の封筒に関して注意したいポイントです。退職届は最後に行なう大切な退職実務の一つ。しこりなく円満退社するためにも、スムーズに進めていきたいですね。

 


スポンサードリンク



 

定年退職時の退職届について

定年退職に退職届・退職願は必要 定年退職の折に退職届が必要かそうでないのかに関しては、その会社の就業規則や手続きなどにより事例が異なってきますので、一様に必要、不必要だとは断言できません。

必要か必要でないかは 各会社の人事担当者、もしくは総務などに確認するのが間違いないでしょう。

定年退職の場合の退職届の記入方法は、「一身上の都合」ではなく「○月□日をもって満△△歳となります。したがって就業規則により定年退職いたします」といった文章になります。

フォーマットを書いて置きます。

平成27年2月1日

定年退職届 株式会社××× 代表取締役

山田太郎 殿 私は、平成○年○月○日をもって満60歳となります。

従いまして会社規定により、定年退職いたしますことをここにお届けします。

なお、退職後の連絡先は下記の通りです



〒123-45 東京都千代田区一丁目一番一号 TEL:03-123-4567