アナライザー24


スポンサードリンク

厄年・男性の厄年や女性の厄年早見表はこちら

厄年について

 

厄年とは言葉どおり災厄に遭遇しやすいといわれる年齢です。

科学的な根拠は不確実で、陰陽道由来とされるものの出典はあやふやです。

しかし、平安時代にはすでに存在し、根強く信じられているしきたりでもあります。

一般的に男性と女性の厄年は違い、本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳・33歳・37歳・61歳とされることが多いようです。

特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う確率が非常に高いので十分な警戒を要するとされています。

なぜその年齢かといえば、語呂合わせで42歳は「死に」、33歳は「散々」に通じるからなどといわれることが多いのですが、その科学的な根拠は無いようです。

男性、女性のいずれの厄年にもその前後1年間に前厄(厄の前兆が現れるとされる年)・後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされています。

本厄の年に「厄祓い」・「厄除け」などを行い、神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習があります。

一般的に、厄年に関する数え方や行事については、地域や寺社ごとの異なりも大きいようです。

例えば、通常は厄年の年齢には数え年を用いますが、川崎大師などでは、数え年ではなく満年齢で厄年を計算するなどの違いもあります。

さらに、地域や宗派などによっては61歳の還暦を男女共通で厄年とする場合もあったり、神社によっては、大厄のみに前厄、後厄を設け、小厄(大厄以外の本厄)には設けない場合があったりします。

また、地域によっては厄年に「厄祝い」を行なうところもあったりしますが、、厄年が災厄に遭いやすい年というだけならこれを祝うというのは違和感がありますよね。

しかし、厄年が神様から与えられた役割を担う年だとすれば、役割を与えられたことを祝うというのも理解できるのではないでしょうか。

 


スポンサードリンク



 

女性の厄年早見表

2017年(平成29年)女性厄年一覧最新版

2000年(平成12年)生まれ18歳 前厄

1999年(平成11年)生まれ19歳 本厄

1998年(平成10年)生まれ20歳 後厄

 

1986年(昭和61年)生まれ32歳 前厄

1985年(昭和60年)生まれ33歳 大厄

1984年(昭和59年)生まれ34歳 後厄

 

1982年(昭和57年)生まれ36歳 前厄

1981年(昭和56年)生まれ37歳 本厄

1980年(昭和55年)生まれ38歳 後厄

 

1958年(昭和33年)生まれ60歳 前厄

1957年(昭和32年)生まれ61歳 本厄

1956年(昭和31年)生まれ62歳 後厄

 


スポンサードリンク



 

男性の厄年早見表

2017年(平成29年)男性厄年一覧最新版

1994年(平成6年)生まれ24歳 前厄

1993年(平成5年)生まれ25歳 本厄

1992年(平成4年)生まれ26歳 後厄

1977年(昭和52年)生まれ41歳 前厄

1976年(昭和51年)生まれ42歳 大厄

1975年(昭和50年)生まれ43歳 後厄

1958年(昭和33年)生まれ60歳 前厄

1957年(昭和32年)生まれ61歳 本厄

1956年(昭和31年)生まれ62歳 後厄


スポンサードリンク


厄除けと厄祓いの違い

ところで、厄除けと厄祓いという言葉についてちがいはあるのでしょうか?

ネットで調べてみると「厄祓い(お祓い)は神社でするもの、厄除けはお寺でするもの」という受け答えをときどき見かけます。

しかしながら、実際のところは神社仏閣でも厄除けと厄祓いを同じ意味で用いていたり、独自に定義していることがありますので、言い方の違いにそれほどこだわる必要はありません。

例えば、静岡県の岩水寺のサイトでは「ご祈願は全て護摩祈祷(炎のお祓い)となります」ですとか、千葉県の本光寺のサイトでは「厄除けとは、除厄、厄払い、厄落とし、お祓いとも表現されます」ですとか、東京都の日枝神社のサイトでは「厄年をつつがなく、平穏に過せるよう祈るのが「厄除け(厄難消除祈願祭)」ですと説明しています。

厄除け、厄祓い、厄払い、厄落とし……いろいろな言い方がありますが、「災厄を除くための儀式」という点では同じことです。