アナライザー24


スポンサードリンク

郵便再配達申し込み徹底解説

郵便再配達サービス時間帯指定や当日配送について

郵便再配達申し込み徹底解説

郵便物の配送時、自宅に不在で荷物を受け取ることが出来なかった場合でも、再度届けてくれる再配達サービス。

今、現在では無料で再配達してもらえる、利用者には無くてはならない、とても有難いサービスですよね。

ここでは、とても便利な郵便物の再配達サービスを依頼する方法を解説していきます。


スポンサードリンク



 

再配達可能郵便物

郵便物

書留(現金) 書留(一般) 簡易・記録 特別送達 配達証明 レターパック

ゆうパック

生もの 保冷(チルド・冷凍) 代金引換 着払

国際郵便物

書留・保険付 税付国際通常 国際小包・EMS 税付国際小包

この様に再配達は、日本郵便で扱いのある、ほぼ全ての郵便物が可能となっています。

 

郵便再配達受付方法

 

再配達を申し込むやり方は、電話での再配達依頼、インターネットからの再配達依頼、さらに日本郵便のLINE公式アカウント「ぽすくま」から申し込む方法など多岐にわたっていて便利です。

再配達料金は無料で、近所なら家以外の場所にも再配達してもらうことも可能です。

どの方法を利用する場合でも必要となるのが「ご不在連絡票」です。

 


スポンサードリンク



 

電話での再配達受付

電話で申し込む場合は、不在で受取が出来なかった場合に郵便受けに届いている、「ご不在連絡票」に掲載されている番号に電話して、自動音声案内に従って番号を押していき、案内に従い手続きを進めて行けば申込み出来ますし、日本郵便ホームページの日本郵便再配達受付センターの電話番号に電話を掛けることで再配達を依頼することも可能です。

 

インターネットからの再配達受付

インターネットで郵便再配達を依頼する場合は、日本郵便ホームページからURL https://trackings.post.japanpost.jp/delivery/deli/こちらのページに行って再配達依頼が可能です。

インターネットでの申し込みの流れ


「ご不在連絡票」を用意のうえ、次の流れで再配達を依頼していきます。

配達のお申し込み受付

郵便番号、追跡番号、お届け日等を入力

配達先の情報入力

・配達希望日、時間帯の入力
・ご依頼者の郵便番号、住所、氏名、連絡先の入力

入力内容の確認

お申し込み受付完了

この様にとても簡単に再配達の受付が出来ます。

再配達依頼をスマホから行うときはコチラのページから申し込みます。 URL https://trackings.post.japanpost.jp/delivery/sp/deli/

 

日本郵便のLINE公式アカウント「ぽすくま」からの再配達受付

LINEのトーク画面で再配達の希望日時などを送ることで、再配達の申し込みが簡単に行えます。

 


スポンサードリンク



 

再配達可能時間帯

時間帯は「ご不在連絡票」にも記載されている通りとなります。

・時間希望なし
・8時頃~12時頃
・12時頃~14時頃
・14時頃~17時頃
・17時頃~19時頃
・19時頃~21時頃

となります。

 

ゆうパックの再配達

ゆうパックの再配達の特長

不在時は、転送・再配達

利用者の申し出によるご希望場所への転送や、時間帯・日程に応じた再配達を無料で行っています。

不在のために配達することができなかったゆうパックの取扱いについて、これまで、利用する側から希望がなくても「3日間で3回配達」をしていたものを、「初回配達日の翌日も続けて配達し、その後は電話や郵便はがき等により連絡し、再配達の日時を確認した上で配達を行う」取扱となりました。

ご希望の再配達の時間帯に荷物をお届け

不在で持ち戻ったゆうパックは、希望する時間帯に無料で再配達可能。

希望可能な時間帯
午前中
12時頃~14時頃
14時頃~16時頃
16時頃~18時頃
18時頃~20時頃
20時頃~21時頃


スポンサードリンク