アナライザー24


スポンサードリンク

30代からの転職

 30代からの転職について

 

30代からの転職自分に適した職業を見つけるためには?

自分に適した職業を見つけるためには、インターネットや就労支援施設を活用すると良いでしょう。以前は中途採用の情報は、ハローワークへ行き、自分に適した職業を見つけるのが一般的でしたが、最近はインターネットで求人情報を見ることができます。

また、現在は就労支援施設で、自分に適した職業を見つけるためのキャリアカウンセリングという個別相談や職業適性診断などを行っている所があります。

キャリアカウンセリングは、キャリアカウンセラーというスタッフが仕事に関する個別の相談にのってくれるでしょう。

それに、職業適性診断というパソコンのシステムを使って行う診断では、質問に対して解答の選択肢を選んでいくだけで、得意不得意や興味のある分野を導き出すことができます。

最終的には、その人に向いている職業などをいくつか提示してくれるので、参考になるはずです。

他にも、求人誌などにも職業診断テストが載っていることがありますから、一度試しにやってみてください。このような診断で得られる結果は、必ずしも絶対ではなく、自分に適した職業を見つけるサポートにすぎないでしょう。

でも、自分では気がつかなかった一面や向いている可能性のある職業に関心を向けるきっかけにはなると思います。診断結果を参考に、インターネットを利用して、地域や各種条件別に色々な分野から仕事を検索することで、自分に適した職業で30代の中途採用を募集している会社を見つけることができるのではないでしょうか。

自分に適した職業を見つける方法はたくさんありますが、最終的に職業を選ぶのは自分です。職業適性診断やキャリアカウンセラーといった専門家のアドバイスを参考にしながら、できるだけ自分に合う職業を探してみてくださいね。

 


スポンサードリンク



 

前職の転職理由の書き方とは?

中途採用の場合、前職からの転職理由を書くことも多いものです。転職理由というものは、採用企業側もとても気になる点で、転職理由から仕事に対する姿勢や仕事に対する考え方を見極めていくこともあるようです。

企業側にしてみると、入社後にすぐまた転職してしまうと、費用や時間を大きく損をしてしまう可能性がありますので、中途採用の場合には、転職理由が採用のための大きなポイントになると言えるのではないでしょうか。転職の理由として、新しいことに挑戦したいなどと書いたことはありませんか?

30代の中途採用でこういった書き方をしてしまうと、企業側は根気がなく、要望だけという印象を持ってしまうこともあります。

そのため、前職の経験を生かして次のステップとしていきたいというような前向きな意見を書くと、根気があり、ストレス耐性が強いと判断されやすいでしょう。

また、転職理由はネガティブな感情が出てしまいがちですが、好印象を与えるためにも、そのまま書いてしまわないように、表現方法を考える必要があります。

例えば、給料が安いことが転職理由ならば、成果や実績に対して正当に評価してくれる会社で就業したいとか。

上司が嫌だという転職理由の場合には、優秀な人が多い環境で学びたいなどのように、できるだけポジティブな表現にすると良いですよ。転職理由から、自分の人柄や能力、今後の可能性などを判断されていることを念頭に置き、転職理由を書いていくとよいのではないでしょうか。

 

大企業、中小企業どっちを狙う?

30代の中途採用の場合、個々に企業に望むことは違いますので、それぞれの状況に合わせて大企業を選ぶか、中小企業を選ぶかをよく検討した方がいいでしょう。大企業の場合は中小企業に比べて収入が期待でき、研修や福利厚生面でも充実していることが多いものです。

また、大きい会社だからこそのやりがいを感じることもあるでしょう。その点、中小企業の場合は、大企業には給料や福利厚生面で劣ることもあるかもしれませんが、社風がアットホームで働きやすい環境であったりします。

それに、社内で同じ仕事をしている人が少なかったり、自分だけであったりと、一つの仕事に対する責任が大きく、大企業とはまた違ったやりがいを感じることができるでしょう。このように、大企業と中小企業では異なる点が多々あります。転職の際に、待遇面を一番と考えるか、働きやすさを一番で考えるのかによっても、大企業、中小企業どっちを狙うか変わってくるかもしれませんね。

中途採用の場合には、どんな企業でも即戦力が欲しいものです。特に、大企業の場合は、新卒者を積極的に受け入れているので、中途採用の場合には経験やキャリアが重要視されるでしょう。

就職氷河期と言われている現在、30代の中途採用では経験やキャリアが採用の基準となることが多いので、企業の規模だけで就職先を選ぶことができるほど転職は甘くありません。そのため、自分がやりたい仕事がある場合には、規模を決めず、関連企業を大企業から中小企業まで受けてみるとよいのではないでしょうか。

 


スポンサードリンク



 

中途採用時の給料が安いのは当たり前?

中途採用時に、給料が安いのではと思う人もいるでしょう。

しかし、実際は、前企業での勤続年数や実績を考慮し、再就職先の同等の勤続年数の社員程度の給料設定となることが多いため、一概に給料が安くなるとはいえません。

中途採用時には、前企業での給料を聞かれたり、どの程度の給料を求めているかを聞く企業もあり、ある程度自分の希望を言うこともできるようです。

また、中途採用の場合は、企業側は経験を買うものです。

経験があり、企業側が必要とする人材であれば、給料の交渉をしてくれる所もあるでしょう。給料が上げることができなくても、各種手当などの部分で調整してくれるところもあるようです。

ただ、転職先の企業が前企業に比べて会社の規模が著しく違う場合や雇用形態が違う場合、地域や責任などの違いによっては、給料が安くなることは仕方のない状況となる場合もあります。それに、全く経験のない業種への中途採用を希望する場合にも、給料が安くなることは当たり前のことと考えられ、昇給も他の社員と同じ基準で行われることがほとんどだと言えるのではないでしょうか。採用企業側からすると、少しでも安く良い人材を集めたいものです。

そのため、企業側も経験や能力が分からない人に最初から良い給料は払いません。ですので、中途採用時に給料が安くならないようにするためには、履歴書や経歴書などで前職での実績をアピールすることも必要かもしれません。

 

内定を取るための志望動機の書き方とは?

30代の中途採用の場合、内定を取るための志望動機はチャレンジしたいという気持ちだけではダメだと思います。

中途採用の場合は特に、志望動機をなるべく具体的に書く必要があるでしょう。

これまでの経験をどのような形で志望の会社に生かしていくかなどを細かく書き、採用担当者にアピールしなくてはいけません。

また、志望動機を書く時には、志望の会社の業績や現状を把握し、それらを含めて、自分ならばどのように貢献していけるかなど、自分の熱意を書いていくと良いでしょう。

中途採用の場合に気をつけたい志望動機の書き方は、前職と同じ業種の仕事にエントリーするならば、前職のキャリアを踏まえて、今後どう仕事に生かしていきたいのかを書くということです。

それに、前職とは異なる職種の場合は、就職のためにどのような努力をしているのかを書くことも必要でしょう。

なるべく具体的に、前向きに動いている現在の状況をアピールしてください。

前職での実績がない人は、努力してきたことをプラス思考の考え方で書き、志望動機としてアピールするといいかもしれません。

基本的に、志望動機では自分自身を客観的に見て書くことが大切になってきます。書き方一つで印象がガラッと変わってしまいますので、自分の弱点や欠点をそのままさらけだすのではなく、プラスに取れるよう、前向きな姿勢を書くように心がけると良いですよ。

 


スポンサードリンク



 

女性だから不利になることはある?

30代女性の中途採用の場合、結婚や出産、育児などで仕事に支障がでてくることも少なくないので、転職活動には不利になることもあると考えられます。

女性でも、ある程度の勤務経験を積んでいてキャリアも持っており、指導的な立場に立つ力のある人は転職もスムーズに出来ることもあります。

しかし、企業側の女性の立場に対する理解が少ない場合には、出産や育児といった女性のイメージが壁となり、不利に働いてしまうこともあるのが現状だと言えるのではないでしょうか。

また、30代女性の中途採用では、経験の少ない場合には採用の可能性も低くなってしまうでしょう。

やはり、企業側も即戦力を求めていますので、経験のない女性を採用することは企業側にとっても少なからずリスクを負うことになります。

そのため、中途採用を希望する場合には、ある程度経験のある職にエントリーすることで、不利な状況を緩和出来るのではないでしょうか。転職に際し、女性の場合は、資格だけでは不利になってしまうものです。

資格は特定の分野の知識を持っているという証明になるので、転職の際には有利に働くと考えられますが、30代女性の場合、求められるものは資格よりも経験というケースが多いかもしれません。

資格に加えて経験を持っている人材は、即戦力になるので大変有利です。30代女性の中途採用では、不利にならないよう、結婚や出産、育児といった企業側にはマイナスとなる女性のイメージを経験という財産でカバーする必要があると言えるでしょう。